環境変更。

今までメインのPCとしてMacBook Pro(2016)の13”モデルを使っていたのだけれども、このモデル特有の「液晶ディスプレイに黄ばみが発生する」ことにちょっといい加減うんざりし始めたので、サブとして使っていたMacBook Pro(2012 Retina)の15”モデルをメインとして使うことにした。

とは言っても、メインでやることと言ったらDTMなのだけど(笑)。

とすると一番の厄介ごとは環境の移行ということになる訳だけれども、基本DTMで使うデータの大部分は外付けHDDにブッ込んでいるので、強いて挙げるなら中心に使っているプラグイン(iZotope系やNEXUS2, AVENGERなど)を入れるくらいな訳だけれども、それも大体完了し、一応現在のプロジェクトもほぼほぼ動く事を確認しているので、まぁここら辺は問題なし。

あと厄介なのは電源周りな訳で。

MacBook Pro(2016)は電源関係はUSB-C、それに対してMacBook Pro(2012 Retina)はMagSafe2と言う事で、わざわざあのでかいアダプターを持っていくのも面倒だし、ノートPCも充電できるバッテリーもUSB-C前提のものなので、こいつらをどうするか、と言う悩みが生じた訳だけれども、なんかUSB-C端子につなげるMagSafe2ケーブルがある様で。

https://www.amazon.co.jp/droya-MagSafeケーブル、Type-MagSafeケーブルfor-MacBook-Magsafe/dp/B07FNVLQT5

まぁ、Amazonでは現在品切れの様だけれども、一応探せばそれなりのものが見つかるので、とりあえずはこれを入手してみてそれで普通に使えるかどうかを確認してみようかな、と思ったりしている。

一番いいのは一番いいのはこんなまどろっこしい事をしないで、MacBook Pro(2016)を修理に出せばいいのだけれども、いかんせん
・修理に出せば5万円近くの出費を強いられる
・せっかく貼ったシールがもったいない
・放置しておけば治るばあいがある
事を考えると、修理に出すのもなんだかなぁ、と思っているわけで。

なので、しばらくはこの体制でモバイルDTMヤーとして頑張ってみようかと。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です